【イヤーフック】missMiss missing moonlight

【イヤーフック】missMiss missing moonlight

販売価格: 4,500円(税込)

「今日、届かない手紙を二通書いたの。いばらの中の赤いポストに投函したわ。」
月光の名前を持つお姫様は、時折こうして、謎々のような事を言い、
そうしてひとりで何がおかしいのか、ふふっと笑う。
笑うと耳の飾りが揺れてキラキラを辺りに撒き散らす。
冷たい月にトコトコと、何かを探しているような、遠くを見ているような、
月明かりが掴めないように、彼女もまたよく掴めない人だが、私は嫌いではない。
ルナーサーフェスのお茶会をたまに開いているので、魔女は時々行く事にしている。

*

照らす弱い月の光だけを頼りに爪あとを探す、足跡を探す。影はもうない。
青い影はもうない。声もかたちもない。揺らいだものはどうやら幻覚のようだ。
つきのひかりは容赦なく、そういったものを消していく。
例えば何を思っていたのか、何を言いたかったのか。
月夜の晩はこうして時々君の痕跡を探している。

シーツを掴んで泣き叫んでもここなら誰も聞いちゃいない。
つきのひかりに浮かんでくる色、におい、聴こえないはず、足音。
デジタル時計の時刻だけ青く光っているが、それすらも嘘だと思いたい夜がある。

なくしものを探すのに、月の明かりは不向きである。
しかしまた、誰にも知られたくない探し物をするのに、
月の明かりは最適な気もする。というのはたぶん気分の問題だが。
だって誰にも知られたくない探し物ならば、密やかなほうが良いだろう。

理解できるようで理解できない、愛とかいうやつは、
どのような形状をしていて、どのように生まれるのか。
生きて千年に満たない魔女には到底わからない。
たぶん、千年どころか五万年生きても到底わからない気がしているのだが、
ああまぁ、そういうものもあるんだなぁ、程度に思っている。
それは愛にしろ、僻みにしろ悲しみにしろ嫉妬にしろ憤怒にしろ、
どんな人間らしい感情と対面しても、
ああまぁ、そういうものもあるんだなぁ、としか思わないのだが。
ただ、そういう形にならないもの、というのが、人間にとってはどんなに大切なのかは、
魔女は痛いほどわかっている、と自分では思っている。

空っぽのポスト、季節は巡り届かない便りを今夜も待つ。
風が二度変わり、雲も星も時間も飛び越えて、もう鈴の音が聴こえる。
赤いマフラーのはしを寄せて、丘の上の家へ急ぐ。

ふと視線を感じて見上げれば、神様をなくした月が灰色に、私を見ている。
まるで自分で発光するコンクリートだ。

例えば何を思っていたのか、何を言いたかったのか。
では何をすればよかったのか、なんて言えばよかったのか。
魔女の私とて、わからないことも多いのだ、特に人間のことは。
いや、もう少し生きたらわかるのかもしれないが、とにかく、そう、
ああ、ほんとうのことというのは、聞くのが少し、怖いかもしれないね。
だから聞けるまでは、ちょっと待っていてほしい、わたしもちょっと、待つからさ。

*

今宵は久しぶりのルナーサーフェスのお茶会、今日の紅茶はなんだろうか。
手土産はパステルカラーのカラフルマカロンで良かっただろうか。

月光の名前のお姫様は、相変わらず探しているだろうか。

千年に満たない魔女は、こう思うのだ。
なくしものというのは、探している間は消えないのだろう、そして探すのをやめた瞬間に、
なくしたものというのは永遠に消えてしまうのだ。
探すということはつまりそれは大切なものであり、では、大切なものならば、時々にでもいい、
探すことで、それは消えないものになる。大切なものは消えないほうがいい。
きっと誰だってそのほうがいい。


そして千年に満たない魔女は、こうも思うのだ
君にもう一度出会えたら、その時は君を容赦なく「    」から、
そのときまではゆっくりおやすみ。なくした月に。

*****

「はねみみ」や「ちょうちょみみ」の亜種的なものです、
仮に「つきみみ」と呼んでいます、が、また作るかはわからないです。
月にすんでいるおひめさまがつけているような飾りを
イメージしていますので、ちょっとゴージャス仕上げな雰囲気です。

お話は長い分解説するととても長くなっちゃうので、といっても
そもそもちゃんと解説などしたことがないのですが。
「なくす」ほうのmissと、女性の敬称のMissはスペルが同じなんですね。
あとはこのお話は珍しく、魔女が傍観者の立場に居る気がしますね。


月はイヤーフックパーツにカシメてとめて、
更に接着剤等で補強しているため、とてもしっかりとついています。
稼動などはしませんので向きは変わりません、
無理な力を加えるなどはおやめください。


アクセサリーとして普通の使用をする分には勿論問題ない強度に
仕上げていますが、うっかり踏んだり、
また意図的に曲げたりすると、羽根が取れるかもしれません。
(当たり前ですが…)


*

イヤーフックという、みみかざりです。
ピアスと違って穴がなくてもつけられて、
イヤリングのように耳たぶに負担もかかりません。
耳にフックのように引っ掛けるだけという、
お手軽で優しいアクセサリーです。

眼鏡をかけている方の場合、眼鏡を外した状態で引っ掛けて、
そのあとに眼鏡をかけると良い感じです。
お出かけなどでも落ちたりはしませんが、
真上を見上げると流石に落ちます。
例えば高いものを見上げるときとか、お薬を
飲まれるときなどは、外すか、そっと押さえておくといいです。

※右耳用

【サイズ】
イヤーフック基本サイズ:約33.5x56.5mm
月の大きさ3.5*3.0 一番長いチェーンの長さ8.7cm

【findings】
金具類、ビーズ類、樹脂

撮影小物は付属しません

他のアングル

  • 着用イメージです、三日月形の髪飾りをつけているようにも
    見えますね。